原一探偵事務所の費用は高い?浮気調査の体験談と請求額を聞いてみた

自分で解決したい

「自分一人の力でパートナーの浮気を解決したい」

「でも相談できる相手が誰もいないから、不安な気持ちが波のように広がり、具体的な行動ができない・・・」

貴方が抱いている気持ちはよく分かります。
とてもお辛いですよね。

実は、浮気被害にあった、みなさん同じ気持ちを抱いています。

浮気被害にあっている状況から、本来の平穏な生活を取り戻すためには、様々な選択肢があります。

今回は、当サイトに所属している捜査関係者が、大手探偵事務所「原一探偵事務所」の実際の体験談・費用事例を詳しく深掘りしていきます。

露骨な表現を多用されていますが、これは、できるだけ「ありのままの姿」を貴方にお伝えしたかったからです。

もし、気分を害される可能性がある場合は、これ以降は、決して読まずにサイトを閉じてください。

私たちは、本気で問題解決したいと願っている人だけを応援しています。

それでは、早速、見ていきましょう。

原一探偵事務所の浮気調査体験談と費用 目次

原一探偵事務所とは

原一探偵事務所

原一探偵事務所は、テレビ番組「逢いたい」や「TVのチカラ」など多数の捜査協力をしている大手探偵事務所として警察関係者の間でも一目置かれている。

当然のことだが、テレビ視聴者からの問い合わせや、噂を聞きつけた人からの問い合わせが数多く集まるため、その相談事例・解決ケースなどは、他の探偵事務所を圧倒しているといっても過言ではない。

原一探偵事務所には様々な捜査相談の電話がかかってくるが、なかでも高く評価されているのが浮気調査だ。なぜならば、浮気調査には、

事前リサーチによる綿密なプランニング
ターゲット近辺の潜伏調査
様々なケースを想定したバレない尾行
法律を遵守した証拠の獲得

など、ハイレベルなスキルが全て求められてくるからだ。

このなかでも、仮に裁判になった場合でも、しっかりと戦うことができる「法律を遵守した証拠の獲得」というスキルは、コンプライアンスを全社で徹底している原一だから可能だと言える。

知らないと怖い!乱立している違法なダメ探偵事務所

ダメ探偵

もちろん、他の探偵事務所でも証拠獲得能力に優れているところも存在するが、

「相談者の懐(予算)を見ながら追加請求してくる」

「成果報酬を得たいばかりに違法な捜査に手を染めてしまい、裁判所から全ての証拠を否定されてしまう」

といったようなずさんな捜査実態が散見されている。

警察による行政処分事例

行政処分

ちなみに、警察から行政指導や営業停止処分を受ける探偵を知るには、警視庁のホームページを確認するのが一番良い。

あの警視庁が発表していることなのだから、信頼性は十分すぎると言っていいだろう。

実際に見てみると、なぜ、行政処分をうけたのかその実態を細かく見ることができる。





行政処分の一覧

探偵業法に基づく行政処分(警視庁)
https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/tetsuzuki/tantei/shobun/

このようなダメ探偵に依頼してしまうと、結果として、裁判で争うことができない違法収集された証拠を渡されるだけでなく、プライバシー毀損といった他の問題にも進展しかねない。

探偵業者が罰せされるのはもちろん、相談者にも甚大な不利益がでてしまうのは言うまでもないだろう。

原一探偵事務所では、探偵業法を遵守した浮気調査を徹底しているので、このような無用なトラブルにまきこまれてしまう心配は皆無だ。

実際に原一探偵事務所の公式ページを見てみると、

個人情報保護法が施行された後も、個人情報の漏えいや売買などの問題は後をたちません。
当社では、違法な情報屋から情報を得るのではなく、独自のネットワークや経験を生かした地道な調査・尾行・張り込み・聞き込みを中心に、確実な調査を行います。
法律を守った調査のため、得た証拠や情報は裁判の際にも有効活用できます。

といったように、違法捜査を厳しく糾弾し、裁判を見据えた調査を徹底することをしっかりと宣言している。

これは、一見すると「当たり前」のことかもしれなが、このような「当たり前」を守ることができない探偵が存在し、警視庁から指導されている実態は見過ごすことができない。

ここからは推測になるが、警視庁から行政処分や営業停止処分を受けているのは違法調査を行っている探偵業者の氷山の一角に過ぎないだろう。

なぜならば、多くの相談者は、探偵業法の存在そのものを知らないケースが多いし、知っていたとしても、その具体的な中身まで熟知しているケースは稀だからだ。

なにも知らないまま、違法調査を行う探偵と契約して、裁判で争うことができない違法調査の証拠だけを渡されても、そのまま泣き寝入りしてしまう人が大多数だろう。

このような理由から、警察から行政処分を受けた探偵は、氷山の一角だと容易に判断できる。

摘発された探偵業者は、おそらく数多くの違法トラブルを抱えていて、その違法調査の実態が隠しきれなくなってしまい、警察から直接指導を受けたと考えるのが現実的だ。

原一探偵事務所が必要とされている理由

原一が必要とされている理由

話は変わるが、

「テレビ番組で見て原一探偵事務所を知ったのだけれども、探偵だなんて、今まで一度もお世話になったことがない」

「自分の知り合いにも探偵に依頼した経験がある人もいないから、無料相談するだけでも緊張してしまう」



という相談者の声が多く届いている。

たしかに、この気持ちはよく分かる。普段の買い物と違い、探偵事務所に相談や依頼をするというのは、かなり稀なことだからだ。

今、この話を聞いていただいている貴方も「探偵事務所の世話なんかになりたくない」と考えていらっしゃるのではないだろうか。

このような想いを持たれていらっしゃる貴方は、「良識ある善良な人」であると断言できる。

ただ、貴方の今までの人生を思い返してほしいのだが、「良識ある善良な人」が必ずしも報われてきただろうか。

答えは、残念ながらNOの人が大半だろう。もし、世の中が「良識ある善良な人」ばかりであれば、そもそも人の行動を規制する法律は必要ないし、弁護士もいらない。

しかし、現実を見ると、世の中には、不正を行う人が後を絶たず、それによって「良識ある善良な人」が被害を受けるケースが散見されている。

そこで、必要となってくるのが、法律だし、それを熟知している弁護士の存在だといえよう。

また、法律は、全ての人に対してできるだけ公平になるように策定されているので、弁護士がこの法律を駆使する際には「証拠」が必須」となってくる。

この「証拠」を掴むのが警察捜査であることが多いが、警察が「民事不介入」であることは周知の事実だ。

つまり、警察は、刑事罰の対象となる犯罪に対しては、積極的に動いてくれるが、浮気などの不貞行為を取り締まる法律である民法への違反者の証拠集めはしない。

こうなると、良識ある善良な貴方が、全て必要な証拠を獲得しなければいけないことになる。

話は変わるが、貴方は、過去に裁判を経験したこと、あるだろうか?

答えはNOのはずだ。社会のルールや道徳を重んじる貴方は、そのようなトラブルを事前に察知し、巻き込まれないように注意して生きてきたに違いないから。

後を絶たない浮気被害と証拠の重要性

浮気被害

しかし、そんな貴方の道徳心とは真逆で、心を悪意で揺さぶる人というのは、少なからず存在する。

貴方が選んだ結婚相手の心を揺さぶり、大切な心を略奪しようとしている浮気相手がそうだ。

貴方という結婚相手がいるにもかかわらず、ルールを無視して貴方の約束された幸せを略奪してしまう浮気相手が多いことは、有名人の不倫ニュースが後を絶たないことを見れば明らかだろう。



このような浮気相手を罰するためには、裁判所が認める証拠を獲得しなければならない。

良識ある善良な人である貴方は、裁判までは考えていないかもい。しかし、浮気相手の不貞行為を止めさせるためには、それなりの証拠をつきつける準備をする必要がある。

そうしなければ、浮気相手は、自分に都合が良い言い逃れをして、「不倫の事実を隠し通す」からだ。

つまり、貴方が元通りの生活に戻るためには、裁判しなくても、それなりの証拠を準備する必要があるのだ。

この証拠集めを合法的に淡々と実行してくれるのが原一探偵事務所の大きな特徴といえる。

それでは、原一探偵事務所が考える証拠とは、どのようなものを指すのだろうか?公式ページを見ると

「不貞行為があった現場に相手と到着した写真」
「部屋を一緒に選んでいる写真」
「不倫相手と一緒に現場から立ち去る写真」

を獲得することと説明している。裁判所はもちろん、だれが見ても、不貞行為があったことが容易に推測できる鮮明な写真だ。

不貞行為は、さまざまな時間に発生しているが、その中でも圧倒的に多いのは、やはり日が暮れた夜になる。夜では視界が悪くなり、素人ではカメラ撮影が困難になるが、プロが一流の機材を使い、鮮明な画像として記録に残すことができる。

ちなみに、他の中小探偵事務所では、夜間ホテルに出入りしてる鮮明な画像を残すことができなため、

不倫相手との食事写真
GPSによる行動履歴

を証拠として、提出されることがあるが、これらは、「状況証拠」であって、決定的な「証拠」とは認められないため裁判所での評価は低くなる。

また、裁判までしないケースでは、浮気相手に状況証拠を突きつけて今後の浮気を止めさせようとすることもあるだろう。

しかし「状況証拠」だけでは、「名誉毀損で貴方を訴える」と強気な態度をとってくるケースが多々ある。

やはり、どのようなシーンであっても「状況証拠」は弱い。「証拠」でなければいけないのだ。

原一探偵事務所の浮気調査の体験談・費用事例

浮気の相談事例

この証拠を獲得するのに、貴方が気になるのは、やはり費用だろう。

浮気調査は、冠婚葬祭と異なり、その費用が明確に記されていないし、見積もり項目に「実費」などがあったりして、不明瞭なことこのうえない。

また、探偵の比較サイトで見積もり事例をみても、実際に探偵が稼働した「人数」「時間」

が記載されてないため、探偵一人当たりの時間単価を算出することができない。

逆に言うと、この探偵一人当たりの時間単価を算出できる事例があれば、「私のケースでは、だいたいこれぐらいの費用がかかるかな」とイメージすることが可能となる。

そこで、原一探偵事務所の中の人に、実際の詳細な体験談を聞かせて欲しいとお願いしたところ、快く3つの事例を教えていただけた。

まず、結論からお伝えすると、原一探偵事務所の探偵一人当たりの時間単価事例は、最大で1万8千円(端数切捨て)だった。

ただ、最大で1万8千円と聞いても、あまりイメージがわかないので、実際の事例を見ていきたいと思う。

まず、最初に見ていただきたい相談事例は、「浮気を認めない妻」の不貞証拠を掴んだ事例だ。

「浮気を認めない妻」がスーパー駐車場からホテル直行の体験談

浮気を認めない妻の事例

調査時間:11時間(日数は2日)
調査人数:2名
依頼者:夫 40代
対象者:妻 40代
調査費用総額:39万6千円
※参考データ
探偵一人の時間単価: 1万8千円(端数切捨て)





ご相談者様からのお問い合わせ内容

随分前から妻の帰宅時間が遅く、連絡が取れないことが度々あるので浮気していると思います。

一度問い詰めたのですが妻ははぐらかし、全く認めませんでした。

その後も妻の怪しい行動は変わる事が無かったので、妻の車に簡易的なGPSをつけて、一週間分のデータを見てみました。

すると行動パターンがわかり、知り合いに妻の様子を見てもらうと、以前勤めていた会社の男性社員と会っていることがわかりました。

妻が動く曜日は決まっていて毎回、仕事が終わると近くの駐車場に車を止め、そこから相手の車に乗り換えて一緒にどこかへ出かけていきます。

離婚を考えているのでその際に少しでも有利になる証拠を掴みたいです。

原一探偵事務所による調査結果

お客様の情報通り対象者は退勤後にスーパーへ向かい、総菜などを購入。駐車場へ戻ると程なく男性が運転する車がきて、対象者は男性の車に乗り込み車はラブホテルに入っていきました。

男性は浮気相手と判明。ホテルには3時間ほどの滞在し、その後2人は出てきて駐車場へ戻り、対象者は自分の車で帰宅。浮気相手の車を尾行し自宅も判明しました。

別日の調査でも対象者と浮気相手の行動は同じという結果でした。

当サイトのコメント

この「浮気を認めない妻」の不貞証拠を掴んだ事例では、事前に依頼者である夫(40代)が、妻(40代)の車をGPSで把握し、

浮気をしている日時をほぼ抑えた上での依頼だったため、探偵の人数は2名で事足りた。

そのため調査費用総額は39万6千円と比較的リーズナブルな金額となっている。探偵一人当たりの時間単価は、標準的な単価1万8千円(端数切捨て)となっている。

次に、「怪しい夫の行動から浮気相手の存在までを特定」した事例を見てみよう。この事例は、先程の事例とは異なり、

夫の行動を追跡する工程が必要となってくるため、探偵の人数が先程の事例2名から1名増員されて3名となっている。

「怪しい夫の行動から浮気相手の存在までを特定」した体験談

浮気相手を特定した事例

調査時間:15.5時間
調査人数:3名
調査日数:1日
依頼者:妻 50代
対象者:夫 50代
調査費用総額:68万2千円
※参考データ
探偵一人の時間単価:1万4千円(端数切捨て)





ご相談者様からのお問い合わせ

夫とは結婚30年。数年前から家庭内別居状態で会話もなく、食事も別。夫の仕事は平日が休みだが、その日は朝から晩まで出掛ける。

問いただしたりした事は一度もない。1人暮らしを始めた娘に別居したいと言っていた事もあり浮気を疑っている。まずはどこで何をしているのか事実確認し、何かあるなら今後の為に証拠を取っておきたい。

自分から離婚を切り出すつもりはないが、夫からは離婚を匂わす様な事も言われており、真実を知りたい ため早急に調査したい。

原一探偵事務所による調査結果

早朝自宅からの調査。都内まで電車で移動し駅構内で人を待っている様子。

40代の女性が現れ、手を繋ぎながら駅を出て飲食店へ入っていきました。食事を終えた後ラブホテルを見て回り、そのうちの一つに入りました。

5時間滞在した後に居酒屋へ入り2時間後に出てきて駅まで歩いた後、そこで2人は別れたため、浮気相手を尾行しました。電車に乗り数駅後の駅で降りるとタクシーに乗車。数キロ走行後アパート前で降車し浮気相手の自宅が判明しました。

当サイトのコメント

この「怪しい夫の行動から浮気相手の存在までを特定」した事例では、調査費用の総額が68万2千円となっている。

調査時間:15.5時間で、調査人数が3名なので、探偵一人当たりの時間単価は1万4千円(端数切捨て)となっている。

最初の事例で適用されていた探偵一人当たりの時間単価 1万8千円(端数切捨て)と比較すると約2割ボリュームディスカウントされていることに着目していただきたい。

最後に、最もボリュームディスカウントされた「出張中だったはずの夫の浮気」事例を見ていこう。

「出張中だったはずの夫の浮気」を特定した体験談

出張中の夫の浮気事例

調査時間:52時間
調査人数:4名
調査日数:7日
依頼者:妻 30代
対象者:夫 30代
調査費用:169万4千円
※参考データ
探偵一人の時間単価:8千円(端数切捨て)





ご相談者様からのお問い合わせ

静岡に単身赴任の夫が本社勤務に戻ったのですが、静岡への出張がとても多いのが気になり、夜中に自分の部屋で誰かと電話で話をしていることがあります。

ある時、夫のカバンに手紙があったのを見つけたのですが、転勤の際に頂いた職場の方々からの寄せ書きの中にある女性のメッセージと手紙の筆跡がよく似ているので、相手は同じ職場の人だと思います。

まだ子どもが小さいので離婚は考えておりません。

相手とは別れて欲しいです。

また近々出張へ行くと言っているので、その時の調査をして欲しいです。

原一探偵事務所による調査結果

対象者の出勤日、自宅から尾行開始し、静岡へ出張とのことでしたが、到着したのは京都駅。

ホテルへ入りロビーで30代の女性と合流してチェックインをし、2人は部屋に入っていきました。その日は夕食時に近くの飲食店へ、翌日は京都観光、調査最終日も京都観光をしてホテルへ戻った為、連泊の様子。ここで調査時間が終了しました。

帰宅までの調査と浮気相手の自宅等の確認のご提案をおこないましたが、お客様より必要ないとの事で調査は終了しました。

当サイトのコメント

この「出張中だったはずの夫の浮気」事例では、調査費用の総額が事例の中では最も高い169万4千円となっているが、

逆に、探偵一人当たりの時間単価を見てみると最も低い8千円(端数切捨て)となっている。

最初の事例で適用されていた探偵一人当たりの時間単価 1万8千円(端数切捨て)と比較すると、

なんと4割以上もボリュームディスカウントされていることが分かる。

これら3つの事例を見て分かることは、難易度が高く、調査人数や時間がより多くかかってしまう浮気調査のケースでは、

相応のボリュームディスカウントが受けられるということだろう。

もちろん、浮気調査には、それぞれのケースで、必要な機材や車両などが異なってくるので、一概に時間単価だけで決められてない。

しかし、今回あえて時間単価に着目したのは、貴方に騙されてほしくないからだ。

ダメ探偵の「甘い言葉」に騙されないでほしい

ダメ探偵に騙されないで

冒頭でもお伝えした通り、ダメ探偵事務所のなかには、いい加減な見積もりをして、「あとで実費だけいただきます」といいつつ当初の見積もりの倍近い金額を請求してくるケースが散見されている。

探偵事務所に見積を依頼する際には、かならず「実費精算」という甘い言葉を排除するようにしたい。

そして「成功報酬」という甘い言葉にも細心の注意を払ってもらいたい。

なぜならば、「成功」の定義が実にあやふやだからだ。GPSを車につけてラブホテル近辺に駐車した経緯だけをを提示して「成功報酬」を請求する探偵事務所は少なくない。

これでは、当然のことながら、証拠写真がないため、裁判所はもちろん浮気当事者につきつけても、過ちを認めようとはせずに、逆に貴方のことを「名誉毀損だ!」と訴えてくる可能性がある。

価格が安いという安易な理由だけで「実費請求」「成功報酬」するダメ探偵事務所を選んではいけない理由がこれでよく分かっていただけたはずだ。

逆に原一探偵事務所の見積もりを見て分かることは「比較的良心的」であるということだ。なぜならば、難易度が高く、必要な日数や調査員が多くなるケースでは、それに応じて自動的にボリュームディスカウントしてくれているからだ。

貴方の幸せを取り戻す唯一の方法

原一探偵へのリンク1

今回、原一探偵事務所をクローズアップしてみたが、いかがだっただろうか?

探偵業界は一般人から見たら「黒いベールに包まれた世界」だが、ここに対して、公正な明かりを照らしていることだけはご理解いただけたかと思う。

あとは貴方が判断する番だ。

原一探偵事務所は、全国に拠点があるので、まずは気軽に電話やメールで「無料相談」してみてほしい。

原一探偵へのリンク2

「貴方の幸せを取り戻す」ためには、まずは貴方が行動する必要があることは言うまでもない。

実力派探偵事務所の比較

原一探偵事務所

総合評価
★★★★★
拠点数
★★★★★
公的機関への調査協力実績
★★★★★

原一探偵事務所は人探しや浮気調査に長けている探偵事務所です。探偵事務所としては歴史が古いことも特徴でしょう。料金体系もわかりやすくなっています。

お問合せページへ移行

AMUSE

総合評価
★★★★
拠点数
★★★★
公的機関への調査協力実績
★★★★

AMUSEは東京に事務所のある探偵事務所です。浮気調査に特に定評がありますが、弁護士紹介などのアフターケアも充実しています。

お問合せページへ移行

ハル探偵社

総合評価
★★★★
拠点数
★★★
公的機関への調査協力実績
★★★★

HAL探偵社は浮気調査だけでなく素行調査などもしてくれる探偵事務所。なんといってもHAL探偵社は裁判で使えるような証拠を集めるのに長けています。

お問合せページへ移行

総合探偵社TS

総合評価
★★★★
拠点数
★★★
公的機関への調査協力実績
★★★

探偵事務所TSは浮気調査や素行調査が専門です。全国的に調査してもらえるだけでなく、24時間365日相談を受け付けてくれることも特徴。

お問合せページへ移行

ISM調査事務所

総合評価
★★★
拠点数
★★★
公的機関への調査協力実績
★★★

ISM調査事務所は時間制の探偵事務所です。1時間15000円から調査をお願いできます。関東圏では幅広いネットワークを持っていることも特徴。

お問合せページへ移行
TOP